那須塩原、大田原で相続登記、相続放棄、遺言作成の無料相談 那須塩原・大田原で相続・遺言の相談なら司法書士法人 なすの事務所

相続・遺言の無料相談 0287-48-6388
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 相談の流れ
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ

借金を相続したくない!相続放棄をお考えの方へ

 
先日亡くなった親が多額の借金をしていたことが分かった。
突然、金融機関から親の借金返済を引き継ぐように言われた。
プラスの財産よりマイナスの財産の方が大きく、相続したくない。
 
IMG_0129.jpgのサムネール画像
 
言うまでもありませんが、金融機関などから借金をした場合にはその借金を返済する義務が発生します。債務者が借金を返済する前に無くなってしまった場合には、相続人が債務を返済する義務を負うことになります。

上記のようなケースは決して珍しくなく、当事務所に来所される相談者の中でも、「自分の両親が借金をしていたことを知らなかった!」ということは珍しくありません。

そのような場合には、正当な手続を行えば、借金を引き継ぐ(相続する)ことがなく済みます。その手続を「相続放棄」と言います。


相続放棄とは

相続放棄とは、被相続人の残した財産や借金を引き継ぐ 権利がある相続人が、それら財産や借金を「相続しません」と宣言することです。相続放棄は、相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをすることで、借金を相続することなく済みます。※遺産分割で「何も要らない」と遺産を受け取らないことを「相続放棄」と勘違いしている方も多くいらっしゃいますが、これは間違った認識ですのでご注意下さい。

ただし、条件がいくつかあります。前述の通り、相続人は相続開始を知った3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。相続人が複数いる場合は、一部の人だけが放棄することも可能ですし、全員放棄というのも可能です。

ただし、相続では「これは相続するけど、これは相続しない」ということは原則できません。「すべてを相続するか」「すべてを相続放棄するか」しかないのです。※プラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐという方法(限定承認)もありますが、財産の状況によってはこの方法をとったほうがよい場合もありますので、一度専門家にご相談下さい。
どんなに遅くとも3ヶ月以内には相続財産額がプラスなのかマイナスなのかくらいは確認できる調査をしなければいけません。

※良くある間違い
「自分の相続分を放棄すること」は法律上の「相続放棄」にあたりません。「相続放棄」とはあくまで相続する「権利」を放棄し、相続放棄申述書を家庭裁判所に提出し、認められることで成立するものです。

相続放棄の流れ、相続放棄をするために必要な手続

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄申立ては、家庭裁判所に相続放棄に必要な書類を提出することで申述し、了承されることで初めて成立します。中には金融機関の人に「借金を相続しません。相続放棄します」ということを伝えただけで成立したと勘違いされる方もいらっしゃいますが、注意が必要です。

1.戸籍等の添付書類を収集します

・亡くなった方の戸籍謄本
・亡くなった方の住民票
・相続放棄する人の戸籍謄本
・相続放棄する人の住民票
・相続放棄申述書
・収入印紙800円
・郵便切手
※基本的には上記のもので十分ですが、場合に応じてはこれ以上に必要となる場合はございます。

2.相続放棄申述書を作成します


3.家庭裁判所へ相続放棄の申し立てを行います

・相続放棄申述書
・被相続人の戸籍・除籍、住民票の除票
・申述人・法定代理人等の戸籍謄本
・申述人1名につき収入印紙800円、郵便切手
上記のものを家庭裁判所を提出します。

4.家庭裁判所からの一定の照会があるので、それに回答します

家庭裁判所に必要書類を提出後、家庭裁判所より「照会書」という書類が送付されてきます。(※照会書とは、裁判官から質問状です。)
この「照会書」の質問に対する回答を記入して郵便で返送します。
回答が了承されると、「相続放棄申述受理通知書」が家庭裁判所より届きます。
(※相続放棄申述受理通知書」は、相続放棄が認められたという通知書です。)

5.問題がなければ、家庭裁判所で相続放棄の申述が受理されます


6.家庭裁判所から通知書が送られてきたら、手続きは完了です


7.債権者に提示するため、必要に応じて相続放棄申述受理証明書を交付してもらいましょう


相続放棄申述は自分でやる?専門家に依頼する?

相続放棄をするための手続は決して難しくはありません。一般の方でも、相続放棄に必要な手続を全て自分でやってしまうという人がいらっしゃいます。もちろん、自分たちで手続を行うことは決して悪くはありません。しかしながら、その際には注意が必要です。

相続放棄期限(相続を知って以後3ヶ月間)に間に合わなかったり、慣れない手続で書類作成でミスしてしまったりした場合には、莫大な借金や負債を背負い込むことになってしまいますので、確実に相続放棄ができるように専門家に依頼することを必ずお勧めします。

相続放棄3つの注意点

相続放棄の申請をするチャンスは一度きり!ミスは許されません

相続放棄の申請はたった一度きりのチャンスしかありません。
内容等に不備があり、家庭裁判所に申請を却下されてしまった場合には、再申請を行うことは出来ず、その決定は決して覆すことが出来ません。だからこそ、相続放棄申請が実績の豊富な専門家に依頼する事をお勧めします。

申請書類に不備が発覚すると相続放棄は認められません

借金を相続しない為の手続き、いわゆる相続放棄の申請手続きは、相続放棄をするためには自身に相続が始まったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述をしなければなりません。
万が一、その申請に不備があった場合には、全ての借金を自身が責任を持って負わなければならないのです。

3ヶ月期限を超えてしまった相続放棄は非常に高いノウハウが必要!

相続放棄は原則として3ヶ月以内に申請しなければならないと規定されていますが、場合によっては、期限を超えてしまった場合でも、相続放棄申請が認められることもあります。しかしながら、この期限超えの相続放棄は、相続の専門家である司法書士の中でも避けてしまうことが多いくらい非常に難易度の高いものです。当事務所は、3ヶ月期限を越えてしまった相続放棄申請にも豊富な解決実績があります。


相続放棄を行う際には、まずは一度当事務所の無料相談へ

栃木県那須塩原市の司法書士法人 なすの事務所では、相続放棄のご相談をこれまでに多数いただいており、経験も豊富です。
相続放棄を行う際には、相続財産の調査を入念に行い、本当に相続放棄を行う必要があるのかを慎重に判断することも必要です。まずは、当事務所に一度お気軽にご相談下さい。

相続放棄の専門家を選ぶポイント

当事務所は、「借金を相続したくない」と考える全ての方にとって最も頼りになる専門家を目指しています。
相続放棄をお考えの方は安心して当事務所にご相談下さい。

1.相続放棄の専門家として豊富なノウハウがあるかどうか

相続放棄は家庭裁判所に申請しなければならない期限が決まっており、3ヶ月の期限を越えてしまった場合には、家庭裁判所から相続放棄を認めてもらえない事も少なくありません。
その為に、とりわけ期限を越えてしまった相続放棄の場合には、相続放棄におけるノウハウの乏しい事務所では対応が難しく、場合によっては申請が却下されてしまうこともあります。
だからこそ、相続放棄を依頼する専門家を選ぶ際には、相続放棄専門の司法書士であり、事務所の実績をしっかりと見極めることがポイントです。
当事務所はこれまで相続放棄の相談を年間50件を超える程度いただくなど、相談経験豊富な事務所です。

2.相続放棄の手続だけでなく、相続人全員のことを考えた最適なプランを提案してくれるかどうか

当事務所に寄せられる相談の中には、「相続放棄をしたい」という相談に来た方でも、そのままお受けすることはせず、しっかりとヒアリングをさせていただいた中で、本当にあなたにとって相続放棄をすることがベストの選択なのかどうかを見極めます。親が残した借金の中に払いすぎた、いわゆる「過払い金」があることもありますが、相続放棄の申請をした後では、過払い金を受け取ることは出来ません。
その司法書士があなたにとって最適な提案をしてくれるか、ヒアリングを重視しているかをしっかりと見極めることがポイントです。

3.全国展開の事務所ではなく、地域に密着した事務所で気軽に相談に行けるかどうか

相続放棄の相談を行える事務所は数多くあり、中でも全国対応を謳う事務所様もありますが、当事務所としてはなるべく自宅周辺の事務所に相談することをお勧めしております。それは、相続放棄申述を行う際に気になることがあれば事務所に来所して気軽に聞くことができますし、身体的な問題があれば、専門家が皆様のご自宅に出張相談を行うこともできます。相続放棄のご相談は地元の司法書士事務所へ。


当事務所の相続放棄サポートの特徴


ご相談者様の状況を詳しくヒアリング

相続放棄を行う必要性の確認や相続放棄を受理される可能性を高めるために、専門スタッフが現状のヒアリングを行ないます。家庭裁判所に対する申述書を作成する際に、ここでヒアリングをした内容を書面に反映させます。3ヶ月の期限を越えてしまった相続放棄は、期限内に提出できなかった理由を明記しなければならないので、この際の専門家のヒアリングがキモになります。
当事務所の専門家は、相続放棄申述の経験豊富な司法書士がそろっており、相続放棄が認められるために入念にヒアリングをさせていただくため、高い成功確率を誇ります。

面倒で気後れする債権者への通知を専門家が代行

相続放棄が成立した事を債権者に対して通知するサービスを行っています(フルパックプラン)。借金を負っていた債権者との連絡は面倒で、気後れしてしまいがちですが、これを当事務所の専門家が皆さまに代わって債権者に対して相続放棄申請を行ったことをお伝えします。これで、その後、債権者から連絡が来ることはありませんのでご安心下さい。

次順位の相続人に対する連絡を代行

相続放棄したことを事前に次の相続人にお知らせすることで、不要なトラブルを回避させるサービスです。頻繁に連絡が取れている場合はよいかもしれませんが、疎遠で他の相続人と連絡を取り合ったこともないという方もいるかと思います。そのような場合にでも、当事務所の専門家が皆さまに代わって、相続放棄の必要性を連絡し、相続放棄申請を勧めるご連絡をさせていただきます。

 

相続放棄 サポート料金

料金プラン

 

項目

意味合い

ライト
プラン
15,000

ミドル
プラン
35,000

フルパック
プラン
42,000

戸籍収集
5通まで)

相続放棄に必要な戸籍収集も含まれています。

×

相続放棄
申述書作成

相続放棄を申請するための申述書を作成します。

書類提出代行

家庭裁判所への書類提出を代行します。

×

照会書への回答作成支援

家庭裁判所からの質問に対する回答書の作成代行をします。

×

受理証明書の取り寄せ

家庭裁判所が相続放棄を受理したことの証明書を取り寄せます。

×

×

債権者への通知サービス

相続放棄が成立したことを債権者へ文書を作成して通知するサービスです。

×

×

実費(郵送料、印紙代、戸籍取得費用)は別途頂きます。
申し立てに必要な戸籍の取得費用は、料金に含まれております。ただし、費用が5000円を超える場合は、別途精算が必要な場合があります。

 

相続放棄申述書作成費用(相続放棄期限後:3ヶ月を過ぎてしまった場合)
1
件:7万円(税抜)

これで安心!全額保証サービス

通常、相続放棄は、相続発生後3ヶ月以内でなければ、家庭裁判所に受理されることは非常に難しくなってしまいます。

期限切れ後の相続放棄を依頼することをご検討されている皆様にとっては、相続放棄が家庭裁判所に受理されなかった場合(不成立)にも手続き費用を負担しなければならないために、非常にリスクのある事でしょう。

当事務所は、これまで多数の相談件数を経験により培った解決ノウハウを駆使して、3ヵ月期限後の相続放棄受理(成立)の実績が非常に豊富で強いことが大きな特徴です。

とはいえ、当事務所でも期限後の相続放棄受理(成立)が100%可能というわけではありません。

その為、当事務所では、期限後の相続放棄を検討されている皆様にとってはリスクのない全額返金保証サービスを行っております。相続放棄の申述が家庭裁判所に受理されなかった場合、頂いた費用は全額返金いたします。

 

※実費等は(戸籍収集費用など)は不受理の場合でも頂きます。

「相続放棄」の詳しいコンテンツはこちら

IMG_0129.jpgのサムネール画像 相続放棄とは
限定承認と単純承認
熟慮期間の伸長
3ヶ月後の相続放棄

那須塩原市、大田原市などの法律相談は私たちお任せ下さい!

ImgTop13.jpg

ホーム

事務所案内

相談の流れ

     

サポート料金

アクセス

お客様の声


Copyright (C) 2013-2016 那須塩原・大田原の司法書士法人なすの事務所 All Rights Reserved.